臭みの少ないモツ肉

コラーゲンがたっぷりの部位

純国産の厳選された
小腸のみを屠殺してすぐに
特殊冷凍技術にて加工

口の中にふわっと広がる
厳選のもつの旨みを
ご家庭でもお楽しみください。

出汁食材名

ここに出汁食材の説明
文が入ります

出汁食材名

ここに出汁食材の説明
文が入ります

出汁食材名

ここに出汁食材の説明
文が入ります

出汁食材名

ここに出汁食材の説明
文が入ります

シンプルな風味の中にも、奥深さを感じられる素材の良さを
存分にご堪能いただけるお出汁です。

ゆず胡椒の決め手である唐辛子、香りの
もとである柚子は大分県内の契約農家よ
り栽培方法にもこだわった原料を直接買
い受けています。
唐辛子の品種は八房(天突きとも言われる)
で、ピリッとした辛さと独自の甘味を持ち合わせています。
また、商品に使用する塩は、長崎県の海水より精製された磯塩を使用していま
す。

大分県発祥といわれるゆず胡椒は、九州の家庭では一家に一本常備されている
香辛料。
唐辛子とゆず皮、食塩を同量ずつ混ぜ合わせたものが、このゆず胡椒の基本。
唐辛子へのこだわりを持つ職人により、唐辛子の比率の高いゆず胡椒が
生まれています。

戦後の福岡県の炭鉱町で世話役を
していた初代三四郎が、坑夫達に
栄養をつけさせるため、捨てられて
いた牛の小腸や心臓(ハツ)、胃袋
(センマイ)などをもらってきてすき
焼きの代わりにしたり、お鍋にした
りして振舞っていました。

2代目店主 文生
3代目料理長 市助氏
 
初代三四郎と八重が作った時の伝統
のある深みを残したまま今に受け継
がれております。

お店でご提供する時とは時間の隔たりがございますので小腸はアクが出ます。

博多庵のお出汁はどんなモツでも
下処理をしていただくことなく、美
味しくいただけるように作られてお
りますが、湯どおしをしてアクを抜
く事により、より一層美味しくお召
し上がりになれます。

福岡・博多においては、第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いた
ものがルーツとなっており、1960年代にはごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから味
付け用調味料とネギ類を入れ、すき焼き風に食べられていた。「ホルモン鍋」とも呼ば
れる。
 
近年のスタイルは、鰹や昆布などでとったダシに醤油や味噌で味つけし、その中に下処
理したもつと大量のニラ・キャベツともつの臭みを消すためのニンニク(ニンニクはス
ープにあらかじめ風味付けしておく場合もある)のほか、好みで唐辛子(鷹の爪)を入
れ、これを火にかけて煮込んで食べる。もつと野菜を食べた後には、残った汁にちゃん
ぽんの麺を入れて「締め」とする場合も多く、牛のもつにこだわる店や水炊き風に酢醤
油を付けて食べる方法を推奨する店などもある。
また、店内で提供される際には一般的な鍋料理に用いられる土鍋はあまり使われず、両
側に取っ手の付いた浅いステンレス鍋を使うことが多く見られるのも、特徴の1つである。
 
福岡県田川地方(田川市・田川郡)には、『田川ホルモン鍋』と呼ばれるホルモン鍋が
存在する。
炭鉱で栄えた田川では、その昔、一人の炭坑夫が鍋の代わりに紙製のセメント袋を七輪
に乗せ、ホルモンを焼いて食べてみたところ、セメント袋の紙が余分な水分を吸うこと
で、肉を柔らかくまろやかな味わいとなって美味であったことからこれが広まり、田川
ではホルモンが多く食べられるようになったという。
中央部がくぼんだ鉄板(鍋)に、ニンニクだれの下味を付けたホルモンとキャベツなど
の野菜を入れて煮込んだもので、田川市・田川郡の複数の韓国料理店で提供されている。

(Wikipediaより引用)